スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


遣唐使船、朱鮮やかに…復元ほぼ完成(読売新聞)

 平城遷都1300年祭で主要展示となる遣唐使船の復元が、メーン会場の平城宮跡(奈良市)近くで、ほぼ終わった。

 朱も鮮やかな船体は全長30メートル、最大幅9・6メートル。帆柱を含む高さも15メートルあり、陸でも威厳を保つ。命をかけて海を渡った先人との記憶をつなぐ船は、同会場開幕の4月24日から、乗り込んで見学できる。

 奈良県などでつくる協会が約2億円で復元。船体の組み立ては完了し、あとは細部の仕上げを残すだけ。併設の展示施設「平城京歴史館」では、アニメで航海の様子や遣唐使が伝えた文化、学問を紹介する。

 一方、角川文化振興財団主催、読売新聞社など後援で、瀬戸内海を航海し、上海万博にも参加する「遣唐使船再現プロジェクト」でも帆船造りが進んでいる。

愛子さまが2日連続でご登校(産経新聞)
「土地登記ミスで10倍課税」=差額支払い求め、男性提訴−新潟地裁(時事通信)
温暖化対策法、排出量取引と原発残し合意(産経新聞)
刑務所出所 仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし(毎日新聞)
北教組事件 書記長ら資金捻出か 解散先送りで一時は資金難にも…(産経新聞)

<中村耕一容疑者>大麻やコカイン、自宅から押収(毎日新聞)

 ロックバンド「JAYWALK」のボーカリスト、中村耕一容疑者(59)=東京都練馬区=が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、警視庁麻布署が9日の家宅捜索で、中村容疑者の自宅マンションから微量の覚せい剤のほか、大麻とコカインを押収したことが分かった。

 捜査関係者によると自宅からは大麻、コカインなどのほか、大麻を吸引するパイプも押収した。中村容疑者はいずれの薬物についても「自分で使用するために持っていた」と供述し、使用についても認めているという。また9日未明に港区内に駐車した乗用車内にあった覚せい剤についても、使用目的で所持していたことを認めているという。【町田徳丈】

【関連ニュース】
覚せい剤所持容疑:「JAYWALK」のボーカリスト逮捕
JAYWALK:アルバム回収へ ボーカル逮捕で
覚せい剤所持:「JAYWALK」アルバム回収へ ボーカル逮捕で
JAYWALK:ボーカル逮捕! 損害額は4億円…
中村耕一容疑者:逮捕前から異変あった…ここ数年、遅刻激増

フィリピン残留孤児 日本で戸籍確認 作成却下後では初(毎日新聞)
<「のぞみ」発煙>歯車箱の破損は部品脱落が原因(毎日新聞)
脚本家の田向正健氏死去(時事通信)
チリ地震の揺れ、ぐるり5周=自転速度も変化−東大地震研など(時事通信)
高校無償化、除外に反対=都内の朝鮮学校視察−社民(時事通信)

反射鏡70台、太陽を追う 三鷹市(産経新聞)

 太陽熱を従来より効率的に集められる先端技術を用いた施設「ビームダウン型太陽集光装置」の実証実験が4月から三鷹市で始まる。環境学習の場として提供するとともに、新技術の開発による産業活性化を図るため、同市とNPO法人三鷹ネットワーク大学、装置を開発した三鷹光器がパートナーシップ協定を結んで準備を進めてきた。

 市が事業用地として有償提供した同市新川の市営住宅跡地に、太陽を追尾する楕円(だえん)型の反射鏡(ヘリオスタット)約70台がずらり並んだ。太陽光を鏡の2カ所で集光できるビームダウン型は世界初で、1500度の高温が得られるという。最新技術を実地に見学できる環境学習の場にすることで、地球規模のエネルギー問題について考える機会を提供する。

 市企画経営室では「環境学習プログラムを通じ、広く市民や児童、生徒の環境問題と新エネルギーの理解増進に取り組みたい」と話している。

池谷氏「当選しないと、やりたいことはできない」民主党公認(スポーツ報知)
日常着は世界に誇る文化 TGCチーフプロデューサー・永谷亜矢子(産経新聞)
参政権、今国会見送りも=「間に合うか分からない」−鳩山首相(時事通信)
雑記帳 10年前のさい銭ドロを謝罪し返金 宇都宮(毎日新聞)
米の核抑止力削減に懸念 事務レベル協議で日本側(産経新聞)

体験エステ悪用、タオル姿の女性にしつこく勧誘(読売新聞)

 格安の体験エステを終え、タオル1枚の姿でいる女性客らに対し、虚偽の説明でしつこく勧誘を繰り返したなどとして、東京都は1日、エステティックサロン経営会社「プラソン」(東京都中央区)に対し、特定商取引法に基づき、3か月の業務停止を命じたと発表した。

 発表によると、同社は昨年1月、体験エステを受けた女性に「きょう、あすに長期契約を結べば30%オフ」とうその説明をし、執拗(しつよう)に勧誘するなどした。

 同社を巡っては、2007年頃から都内の消費生活センターに「断りにくい格好をしている時に何度も勧誘を受けた」などとする相談が相次いでいた。中には無料でエステを体験した後、何時間もそのままの姿で長期契約を迫られたケースもあったという。

大島氏、与野党協議機関設置に「本末転倒」(産経新聞)
長男遺棄容疑で男逮捕、自宅に妻と義母の遺体(読売新聞)
「ツイッター大臣」批判の読売記事 フリージャーナリストらから反論続出(J-CASTニュース)
「ツイッター大臣」批判の読売記事 フリージャーナリストらから反論続出(J-CASTニュース)
米49ersチアリーダーが関空増便PR(産経新聞)

「普天間」環境影響評価書、提出を先送りへ(読売新聞)

 政府は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を移設先とする現行計画に基づく環境影響評価書の沖縄県知事への提出を先送りする方針を固めた。

 現行計画見直しが進む中、県外移設を求める沖縄県議会などに配慮したものだ。

 最終的に現行計画の推進を決めた場合でも、評価書の提出から県知事による海面の埋め立て許可までは通常、半年はかかるため、目標としていた今年夏までの着工は絶望的となった。

 防衛省はシュワブ沿岸部周辺で実施した騒音や海洋資源などの環境影響評価(環境アセスメント)に基づき、現行計画通りの建設は環境上、問題ないとする評価書をまとめている。政府は昨年12月に移設先選定の延期を決めた際、環境アセスの手続きは継続して行うことを決めており、米国への配慮から評価書を早急に提出する予定だった。

 しかし、1月の名護市長選で普天間飛行場の代替施設受け入れ反対派が当選、2月24日には同県議会が国外・県外移設を求める意見書を全会一致で可決する中で、「評価書の提出は沖縄の反発を招く可能性が高い」と判断した。

チリ巨大地震 「まるで恐怖映画」 余震恐れ屋外へ避難(産経新聞)
近鉄奈良線で人身事故、3万6千人に影響(産経新聞)
<万引き>徳島商サッカー部員十数人 サッカーシューズなど(毎日新聞)
<原子力副読本>小中学生に配布 エネ庁と文科省(毎日新聞)
女性2人死亡、長男行方不明=殺人事件で捜査−宮崎県警(時事通信)

神奈川県内のマクドナルド全店、全面禁煙に(読売新聞)

 神奈川県で公共的施設内の喫煙を規制する「受動喫煙防止条例」が全国で初めて4月に施行されるのを前に、日本マクドナルド(本社・東京都新宿区)は1日、県内全298店舗を全面禁煙にした。

 すでに約180店が全面禁煙だったが、ガラスで仕切った喫煙スペースを設けたり、フロアごとに分煙にしたりしていた残り約120店舗も禁煙に。分煙だった店舗ではポスターを掲示し、注文を受ける店員が「本日から全面禁煙です」と説明した。

 横浜市中区の関内北口店では午前0時に喫煙席60席の灰皿を撤去した。西区の女性会社員(24)は「分煙でも、煙が漏れて気になった。大歓迎」。同県藤沢市の男子大学生(21)は「吸う場所がほとんど無くなりストレスがたまる」と話した。同社の萩原和之・コーポレーション部統括マネージャーは「外食産業のリーディングカンパニーとして、禁煙化の流れを作りたい」としている。

<転倒事故>電車ドアにステッキ挟まり男性骨折 東京・足立(毎日新聞)
鳥取2人殺害の裁判員裁判、検察が無期求刑(読売新聞)
大仁田氏落選も参院選でリベンジ みんなの党と連携も視野…長崎県知事選(スポーツ報知)
2グループ、きょう意見交換会(産経新聞)
<食の安全事件>78%増、産地偽装表示の摘発34件(毎日新聞)

後輩に「当たり屋」強要 佛教大野球部員が無期停学(産経新聞)

 佛教大学(京都市北区)は25日、硬式野球部に所属する3年の男子学生(21)が、車にわざとぶつかって慰謝料をだまし取る計画に2年の後輩部員らを加担させようとしたり、後輩から強引に金を借りたなどとして、無期停学処分などにしたと発表した。

 佛教大によると、男子学生は野球部のレギュラーで、昨年秋に行われた全国の大学が出場する大会にもベンチ入りした。男子学生は昨年3月、車にわざとぶつかって慰謝料をだまし取ることを計画。後輩部員数人を強引に巻き込み京都市内で実行しようとしたが、車に当たる役割を担っていた後輩が思いとどまり未遂に終わったという。

 会見で、清水稔副学長は「保護者の方々を失望させた。誠に遺憾」と謝罪した。

【関連記事】
愛知学院大野球部コーチが部員暴行 無期限職務停止
「援デリ」大学生ら逮捕 少女に売春させた疑い
愛知東邦大「暴行」野球部監督、パワハラも
山口大私的流用 教授、デジカメなど869点を購入
野球部監督が部員に暴行 愛知東邦大、連名で抗議

「不当な差別」と朝鮮学校側=無償化除外で会見(時事通信)
自民、審議拒否を続行 「子ども手当」法案、午後に審議入りへ(産経新聞)
審議拒否で執行部批判=舛添氏(時事通信)
<家裁怠慢訴訟>原告の主張認め国に賠償を命令 東京地裁(毎日新聞)
ガイドの連携、対応に問題=ツアー会社の危機甘さも−トムラウシ8人凍死・山岳協会(時事通信)

大麻事件摘発の少年「たばこの延長で…」 大阪府警調書分析(産経新聞)

 たばこの延長で大麻に手を出し、仲間とのしがらみでやめられなくなる−。大阪府警少年課が大麻取締法違反(所持、譲渡)容疑で摘発した16〜18歳の19人の供述内容を分析したところ、親しい人に誘われ軽い気持ちで始めたものの、友人同士の連帯感から引き返せなくなる少年特有の傾向が浮かび上がった。未成年の大麻汚染は広がっており、府警は「どんな家庭環境でも大麻に手を出す可能性がある」と指摘している。

 昨年11〜12月に府立高校の男子生徒3人が大麻を校内で譲り渡したなどとして逮捕されたことを重くみた少年課は、有効な対策を講じるため平成20年7月から昨年12月までに同容疑で摘発した少年19人の取り調べ調書を分析。共通する要因などを洗い出した。

 19人はすべて少年で、逮捕時は高校生10人、高校中退者8人、中卒が1人。非行歴がないのは7人で、通学先も府立、私立、専門学校など偏りはなく、どのような環境でも薬物に手を染める可能性が浮き彫りになった。

 ただ、全員に喫煙習慣があり、うち12人は中学1年から、6人は中2から、1人は高校1年からそれぞれたばこを吸い始めていた。同じように煙を吸う形態が、大麻使用への心理的なハードルを下げさせているとみられる。

 一方、きっかけは暴力団や売人ら危険な存在から誘われるケースはほとんどなく、先輩や友人ら親しい人に持ちかけられるのが大半。18人がそれぞれの仲間で大麻を吸い、使用回数が100回以上が7人、500回を超えた少年もいた。

 軽い気持ちで始めたものの、なかなか抜け出せない状況も浮き彫りになった。大麻の依存性とともに、「同級生と一緒に吸って悪い連帯感ができてしまった」など話す少年もいた。

 府警は府教委、府薬務課と連携し、昨年末から高校を対象に薬物乱用防止教室を開催。22年度には府内すべての中学、高校(804校)での開催を目指しており、分析結果も合わせて紹介する。

 少年課は「喫煙を学校や家庭で放置せず、厳しく指導する必要がある。同年代が大麻に手を染めた実例を伝えることで、大麻の怖さがより分かるのでは」としている。

【関連記事】
大阪府内での昨年の未成年の大麻摘発は40人と過去最多に
大麻所持容疑で高3男子を逮捕 京都府警
薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売
ヒップホップ歌手の「YOU THE ROCK★」大麻所持容疑で逮捕
大麻所持の空士長免職、航空自衛隊那覇基地

<東京メトロ>エレベーターに一時9人閉じ込め 市ケ谷駅(毎日新聞)
<はちみつ>ふたから基準超える鉛成分 12万本を回収(毎日新聞)
通所介護事業所は増、訪問は減―08年施設・事業所調査(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応(毎日新聞)
<10年度予算案>年度内成立へ 3月2日衆院採決(毎日新聞)

高裁も同じ判断「ホッ」裁判員経験者が控訴審傍聴(読売新聞)

 東京高裁で25日に開かれた強盗傷害事件の控訴審判決公判に、1審の東京地裁で裁判員を務めた東京都内の自営業の女性(57)が「みんなで悩み抜いて決めた判決がどうなるのか、自分で見届けたい」と傍聴に訪れた。

 懲役8年(求刑・懲役9年)とした1審判決を支持したこの日の判決を聞き、女性は「高裁の裁判官も同じ考えとわかり、ほっとした」と語った。

 強盗傷害罪に問われたのは、無職豊川聡被告(67)。判決によると、東京メトロ千代田線西日暮里駅の女子トイレ内で昨年6月、被害者(当時74歳)からバッグを奪おうとしてけがをさせた。豊川被告は窃盗罪で懲役刑を受け、出所したが、生活費に窮するようになり犯行に及んでいた。

 女性は昨年11月11〜13日に行われた1審の公判で裁判員を務めた。判決後の記者会見にも出席し、「被告に感じた同情を抑え、公正な判断を心がけたが、迷いはあった」などと感想を述べていた。

 裁判に参加した後は事件や裁判への関心が増した。豊川被告が1審判決を不服として控訴したことを新聞で知り、「最後まで裁判の行方を知っておきたい」と思い、裁判所に控訴審の日程を問い合わせた。今月18日の控訴審第1回公判にも足を運び、被告人質問に耳を傾けたという。

 東京高裁の小西秀宣裁判長は「1審の量刑判断は正当だった」と述べ、被告の控訴を棄却した。判決後、女性は「被告と同じ年代の人がいると気にかかるようになった。裁判員を経験して、自分の視野が広がった」と話した。

高校無償化、外交は考慮せず=朝鮮学校の扱いで−川端文科相(時事通信)
<食肉センター訴訟>住民側敗訴、最高裁が審理差し戻し(毎日新聞)
認知症の妻絞殺、81歳に猶予付き判決(読売新聞)
大胆!道ふさぐように残土投棄、相次ぎ3か所に(読売新聞)
<忘れ物>列車に実弾入り拳銃、巡査部長を処分 鹿児島県警(毎日新聞)

「改めて責任感じる」=長崎知事当選の中村氏、一夜明け(時事通信)

 21日投開票の長崎県知事選で初当選した中村法道氏(59)は一夜明けた22日、長崎市内の選挙事務所で記者会見し、「改めて責任重大だと感じている」と感想を語った。今後の県政運営については「いかに総合力を発揮できる体制づくりができるか。垣根を低くして県民と力を合わせ、地域の課題を一つずつ解決するよう努力したい」と述べた。
 午前8時すぎ、紺色のジャンパー姿で事務所に現れた中村氏は、緊張感からかやや硬い表情。選挙運動の余韻をにじませるかすれ声で、「むしろこれから県民とどう頑張っていくのかが重要だ」と抱負を語った。 

【関連ニュース】
知事選敗北「政治とカネの影響」=鳩山首相
小沢氏らの国会招致要求=応じなければ審議拒否
長崎知事に自公系・中村氏=民主推薦候補破る
「身引き締まる思い」=初当選の中村氏
「政治とカネ」も敗因=社民選対委員長

五輪フィギュア 小塚選手に声援 中京大キャンパス(毎日新聞)
クレーン倒れ、1人重体=病院建設現場、3人軽傷か−長野(時事通信)
「テレビから懸賞に誘導」 QRコード広告企画に注目(J-CASTニュース)
「撮り鉄」運行停止捜査、大阪府警が実況見分へ(読売新聞)
雑記帳 ゴリラの熱中症対策 神戸市立王子動物園(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
債務整理無料相談
自己破産
クレジットカード現金化 比較
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    AtoZ (08/28)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    ふにゃバット (06/03)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    リンデル (01/15)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    道隆 (01/04)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    タンやオ (12/30)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/25)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • 菅首相 中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM